So-net無料ブログ作成

ゴルフⅦトレンドラインにバックカメラ取り付け [カーナビ]

前々からご紹介しようと思いつつ、延び延びになっていたネタです[たらーっ(汗)]

01.jpg

当ブログの読者のみなさまならご存じの通り、ゴルフⅦではトレンドラインにはバックカメラが搭載されておりません

ということで、当然ながらDIYでの取り付けを行っておりますよ。

バックカメラは前おかけん号からの流用です。カメラのキャップは自分でホワイトに塗装しました。

カメラは両面テープで貼り付け、配線はライセンス灯の部分からバンパー内へ通します。ライセンス灯は、右側のツメを助手席側方向に押してあげると簡単に外れますよ。

02.jpg

配線を通す部分は、少しだけ削ります。 

03.jpg

カメラの配線の車内への引き込みは、テールライト部分から行いました。の部分を反時計回りに回すと、テールライトユニットが外れます。 

04.jpg

テールライトへの配線コネクタは、赤い部分を引っ張りながら抜くと外れますが、テールライトユニットを完全に外さなくても作業は可能です。 

04a.jpg

この程度、浮かせることができれば作業は行えますよ。 

05.jpg

カメラの配線は、バンパーの裏側を通します。 

06.jpg

少し固めのコード等をガイドに使って、カメラのケーブルを引き込みます。 

07.jpg

08.jpg

あとは、カメラの配線をコントロールボックスに接続し、電源と映像ケーブルをナビ側へ持っていきます。

10.jpg

コントロールボックスは、マジックテープで内装に貼り付けました。

11.jpg

配線は、内装の裏側を通して目立たなく処理します。 

09.jpg

12.jpg

あとは、カメラ映像信号をナビに、電源をバック信号(バックライト電源でも可)とアースにそれぞれ接続します。

以上で取り付け完了です[るんるん]

13.jpg

やはり、バックカメラがあると安心ですよね。 

14.jpg

ガイドライン表示(固定)はナビ側の機能です。

難点を言えば、カメラの位置が真ん中ではないので、多少左右の画像に歪みが出ること。

これを解決するには、センターに埋め込むタイプのバックカメラを使うとよいです。

15.jpg

このセンターレイアウトのバックカメラについては、TakyさんよりAXISのバックカメラをインストールしたレポートを頂いておりますので、ご紹介させて頂きます。

Takyさんには以前にパークディスタンスコントロールのレポートも頂きましたが、純正でリアカメラが搭載されていない状態でしたので、社外品をインストールされていました(おかけんと同じ位置)。

16.jpg

すると、やはりこのように少し左右に歪みが出てしまいます。 

17.jpg

そこで、とある機会をきっかにセンターレイアウトのカメラに変更されました。

18.jpg

すると、このように左右の歪みがなくなり、非常に見やすい映像になりました。 

19.jpg

おかけんも、機会があればセンターレイアウトに変更したいと思ってしまいましたよ[わーい(嬉しい顔)]

ちなみにナビ男くんキットでは、AVインターフェイスを介することでステアリング舵角連動ガイドラインの表示を可能にしているようです。

そのナビ男くんキットですが、遂にキットのみの販売も開始されたようです[exclamation×2]

通常の7インチから7インチワイド画面、さらには8インチナビまで幅広い対応が嬉しいですよね。

さらにはアイドリングストップ、純正バックカメラ&ステアリング舵角連動ガイドライン機能、ステアリングリモコン連動機能にも対応しているとのことで、至れり尽くせりですね。

注意点としては、Discover Pro搭載車の場合は、純正オーディオ(Composition Media)のパネルが必要になるとのことです。

いずれにしましても、ゴルフⅦのナビ選択の幅が広がるのは嬉しいことです[わーい(嬉しい顔)]


nice!(4)  コメント(11)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 11

あんきゅ兎

5ルフ世代は、B.C.兎は縁遠く(苦)て、社外品(確か「To Fit」兎か言う便利物パーツ専門メーカーのバンパー内に取り付ける「リアクローセン・システム=超音波ソナーで障害物を検知し、約3~0.3mの範囲で、その距離に対応し、段階的に、警告音の鳴り方を変化させる」昔ながらの安直なシステム=9,800円相当)を、担当メカが所有(前車から取り外した中古品)していたので、納車整備時、その頂き物を、工賃ナシで取り付けて貰い、加えて、Lupoのオプションで設定され兎りましたリアガラス内側に、カーフィルムの要領(水で圧着)で貼り付ける軟質素材の後方視界確保の便利笑品(なん兎、ドイツMADE)を、セールスからプレゼン兎され、以来、70数ヶ月、剥がれ兎りません(笑)
勿論、インディヴィジュアル製のフロン兎スポイラー下部以外、無傷です(嬉)
兎は言え、雨以外、基本的に、ドアオープンにてバックする昔人間ですので、B.C.見る術ないのが、真実一路の旧車に旧者の後退術ですが~(大爆)
国内販売台数が、昨年比(前年同月&同期間ベース)1割マイナス兎のニュースには、悪寒じゃなく、悪感しますね~(滝汗)合掌…
by あんきゅ兎 (2015-10-09 03:46) 

おかけん

あんきゅ兎さん
VWはしばらくは試練の時ですね。
まあ、それだけのことをしてしまったのは事実ですから・・・(涙)
しかししかし、ゴルフには罪はありませんね!!!(^^)
by おかけん (2015-10-09 23:48) 

ひつじおとこ

本日無事納車されました。ディーラーもお客様で賑やかで一安心(^-^;)
都市伝説かもしれませんが、ゴルフには栓抜きが標準装備されていると聞いたことがありましたが、今のにはついてないんですね(^-^;)
by ひつじおとこ (2015-10-11 22:37) 

おかけん

ひつじおとこさん
納車おめでとうございます!
ディーラーも賑わっていたのですね。本当に良かった!(^^)
栓抜きはゴルフⅥまでは、付いていました。ちょうど、センターコンソールのドリンクホルダーの仕切りも兼ねていました。
私は、一度も使うことはありませんでしたが・・・(汗)
by おかけん (2015-10-11 23:45) 

ひつじおとこ

純正のリアカメラですがガイドラインが固定でステアリングに連動しません(^-^;)裏技で連動に出来ますか?
by ひつじおとこ (2015-10-12 12:24) 

おかけん

ひつじおとこさん
ステアリング連動ガイドラインですが、私の勘違いだったようです。純正でも固定なのですね。AXISさんからのメールの内容を転載させて頂きましたが、こちらが違っていたようです。記事のほう、訂正させて頂きました。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

ナビ男くんキットを使って社外ナビをインストールすれば、純正カメラでもステアリング連動ガイドラインの表示は可能のようですが、Discover Proと純正カメラの組み合わせでは難しいと思われます。
もしかしたら、AVインターフェイスを介することで可能かもしれませんが、費用対効果を考えると微妙かと思います。
by おかけん (2015-10-13 08:09) 

ひつじおとこ

おかけんさん 返信ありがとうございます。
前車がステアリング連動だったのでバックでの駐車が上手くいきません。
運転が未熟なだけかもしれませんが(^-^;)
by ひつじおとこ (2015-10-13 20:15) 

おかけん

ひつじおとこさん
実は、私もバック駐車があまり得意ではありません。
私の場合、リアカメラは参考までに、窓を開けて視認で駐車しております。(^^)
by おかけん (2015-10-15 08:11) 

ロボコン先生

 間もなく8万kmになる、ゴルフ5GT-TSI。最新サウンドナビ換装を契機に、今まで飛び出していたバックカメラをナンバープレート中央部をカットして埋め込みしました。リヤハッチゲートのエンブレム埋め込みパワー仕様も検討しましたが、結局単純にキレイに収まりました。
 サウンドナビは、音質は圧倒的ハイエンド。そして液晶画面も最高の見やすさです。検索やスクロールスピードも最速部類です。しかしながら、ナビ機能のマイク音声検索なし!自動リルートなし、自車と路線、交差点でのマップマッチングが?で・・・・・。ナビを優先させる方にはおすすめできないと思います。画面は見やすくてサクサク動きますが、検索やリルートについてはおまけみたいなもんだなと、便利極まりないクラリオンナビを夫婦それぞれ代替わりで使いこなしてきた輩が感じたマイナス面です。
(クラリオンナビは、サウンド機能、外部アンプ出力端子も充実していて、操作性も良く、外車の標準装着ナビとしてもトップシェアです♪)
 今回はカーオーディオ優先で、音質については文句なしです。しかも昔の車1台コストのオーディオに迫ります。
by ロボコン先生 (2016-01-21 19:23) 

おかけん

ロボコン先生さん
サウンドナビのレポート、ありがとうございます。
ご満足の結果で、私も嬉しく拝見いたしました!
by おかけん (2016-01-22 23:11) 

ロボコン先生

>クラリオンナビは、サウンド機能、外部アンプ出力端子も充実してい   て、操作性も良く・・・・・・

 取り外したクラリオンナビ。8年前のハイエンド機種。別体地デジ4チューナー、当時の高細密VGA画面のはしり。(バックライトが蛍光管で冷間時×。起動の速さはパナ、カロに圧倒的大差。ナビ案内は少しおバカでも、エンタ性、外部出力等が完備していて、処分するのはもったいないと思って、お正月から構想を練っていた、「カーナビラジカセ?」を製作中。間もなく完成します。
 ホームセンターで10ミリ厚のシナ合板を購入して、ナビと小型SP、電源(12V出力のACアダプター:旧式アナログ放送液晶テレビからの流用)を収める筐体を組み立てました。別体の地デジチューナーはかざばるのであきらめました。超コンパクトなAVコンポですが、入出力が豊富で
80~90年代のテレビ内臓ラジカセみたいなカッコよさです。
 DVD再生、CD→HDDリッピング、SDメモリ再生は当然ですが、
外部SP用ターミナル(リヤSP出力)や、外部AV入出力端子、プリアウト端子、AC100Vに、DC12V入力端子を組み込んで、シガーソケットや
乾電池駆動も可能にしました。他アンテナ端子等も。
 時間をかけているのは、筐体をピアノブラック鏡面ニス仕上げで、現在進行中。30万?の小さな高級豪華DSP・AV・ナビラジカセに生まれ変わりました。

 
by ロボコン先生 (2016-01-27 20:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。