So-net無料ブログ作成

ちょっと苦労してます・・・汗 [HID]

ゴルフⅥのHID化ですが、ちょっと苦労しております[あせあせ(飛び散る汗)]

01.jpg

といいますのも、やはり場合によって警告灯が点いたり点かなかったりするんです[ひらめき]

02.jpg

JKさんのゴルフⅥは2011年モデルのコンフォートラインです。

現在のところ、Cnlight製の超薄型バラストと・・・

03.jpg

OSRAMのライセンスを持つ工場製のキャンセラー(キャパシタ)を装着しております。

04.jpg

このキャンセラーの内部には一時的に電気を貯めるコンデンサーと保護回路が入っているそうです。

今回、JKさんにお願いして幾つかの組み合わせを試させて頂くことにしました。

まず用意したのは、おかけんも使っているCnlight製のCanbus対応ハイグレードバラスト。 

05.jpg

そして、別タイプのキャンセラー(キャパシタ)。 

06.jpg

OSRAM認定工場製のキャンセラーとはコンデンサーの容量は変わらないものの、コンデンサー1個あたりの容量×個数が異なるようです。

①Cnlight製超薄型バラスト&OSRAM認定工場製のキャンセラーの組み合わせ

07.jpg

バーナー:点灯に問題なし

警告灯:状況によって点灯する場合あり

②Cnlight製超薄型バラスト&別タイプのキャンセラーの組み合わせ

08.jpg

バーナー:点灯してしばらくすると片側が消灯する症状が発生

警告灯:かなりの確率で点灯

09.jpg

③Cnlight製Canbus対応バラスト単体

10.jpg

バーナー:点灯してしばらくすると片側が消灯する症状が発生

警告灯:点灯

④Cnlight製Canbus対応バラスト&OSRAM認定工場製キャンセラーの組み合わせ

11.jpg

バーナー:点灯に問題なし

警告灯:状況によって点灯する場合あり

⑤Cnlight製Canbus対応バラスト&別タイプのキャンセラーの組み合わせ

バーナー:点灯してしばらくすると片側が消灯する症状が発生

警告灯:点灯

これまでのテスト結果から、OSRAM認定工場製のキャンセラーを使うことで片側消灯は起こらず、警告灯が点く頻度は低いものの、どちらにしても完全な警告灯対策はできませんでした。また、それ以外の場合は、点灯してすぐに(あるいは30秒ほどして)片側が消えるという深刻な事態も生じることがわかりました。

そこでJamix店長さんと、原因として考えられる可能性を検討してみました。HIDの場合は点灯直後は大きな電流が流れるものの、しばらくして安定してくると非常に低電流になります。

12.jpg

上の写真は、Cnlight製Canbus対応ハイグレードバラスト&Cnlight製HGバーナー(35W)を点灯させた安定時の消費電流を計測したものです。ノーマルのハロゲンバルブ(55W)の消費電流は4.6A(55W÷12V)ですから、2.7Aが非常に小さな値であることがわかります。

もしかしたら、この消費電流の少なさを車輌が“球切れ”と検出しているならば、「それなら55Wのバラスト&バーナーを使ったら消費電流は変わらないから大丈夫かも?」ということで、コチラを借りてきました。

Cnlight製Canbus対応バラスト(55W)[ぴかぴか(新しい)]

13.jpg

早速、テストしてみましょう。

⑥Cnlight製Canbus対応バラスト(55W)単体

14.jpg

バーナー:点灯してすぐに片側が消灯

警告灯:点灯

あらら、最悪の事態となってしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]

ちなみに、バーナー(55W)はTC製のものをテスト用にお借りしました。 55Wのバラストは、どのメーカーを問わず、ラインに赤い目印が付いているそうですよ。

15.jpg

ということは、これが付いていないと35Wを偽装しているかも[たらーっ(汗)] 

ちょっと話しがそれましたが、キャンセラーを繋いでみると・・・

⑥Cnlight製Canbus対応バラスト(55W)&別タイプのキャンセラーの組み合わせ

16.jpg

バーナー:点灯に問題なし

警告灯:点灯

ということで、片側消灯はしないものの、警告灯を消すことはできませんでした[もうやだ~(悲しい顔)] 

17.jpg

⑦Cnlight製Canbus対応バラスト(55W)&OSRAM認定工場製キャンセラーの組み合わせ

バーナー:点灯に問題なし

警告灯:状況によって点灯する場合あり

写真を撮り忘れましたが、実はこの組み合わせで警告灯が点灯しなかったので、本格取り付けしようかと思ったら、やっぱり警告灯が出てしまいました[たらーっ(汗)]

以上の検証結果は、多少の記憶違いがあるかもしれませんがご容赦下さい(あれこれ、とっかえひっかえやっていたので)。

ということで、原因はどうやら“HID点灯時から安定期に向かって電流が落ちる現象を、車輌側が球切れと検知”していると思われます。そしてまずは警告灯を点灯、場合によってはヘッドライトへの給電をカットしているのではないでしょうか。

キャンセラーは、コンデンサーに貯めた電気を放出することで、この電流降下を緩やかにして球切れ検知を騙しているようです。上記のテスト結果からも、キャンセラーを使うことによって片側消灯は回避できるので、やはり有効なようです。また、OSRAM認定工場製のキャンセラーのほうが警告灯の点灯確率が少ないこともわかりました。

では、完全に“警告灯が点かない”ようにするには、どうすればよいのでしょう?

実は、答えは簡単なんです[exclamation×2]

メタルクラッドと呼ばれる、抵抗式のキャンセラーを使えば解決できます。

18.jpg

実は、多くの外車向けHID取り付け工場では、これを使っているようです(実際、ポルシェはこれ以外に選択肢がないとか・・・)。

19.jpg

ただ大きな問題がありまして、ハロゲンバルブ分の消費電流を抵抗で受け止めるので、非常に高熱になります[あせあせ(飛び散る汗)]

ですので、車体下部など絶対に普段触らない部分に取り付けたりするようですが、熱が他の部品に与える影響や、単に無駄に高熱を発することは意味がないので、Jamixさんとしても、この選択は避けたいそうです。

もう一つの選択肢として、VAG-COMを使って“Loビームの球切れ検知機能を解除”する方法もあります。

20.jpg

これだと問題ないのですが、ディーラーによっては受け付けてくれない場合もありそうですね。

ちなみに、おかけんの持っているバージョンのVCDSでは、ゴルフⅥのコーディングまでは見れるのですが、書き換えがNGです。

21.jpg

さらに原因として考えられるのが、“リービングホーム機能”でして、COXのゴルフⅥ用HIDキットの注意書きに“装着の際には、リービングホーム機能をOFF(作動時間を0秒)に設定して下さい”ともあります。リービングホームが作動する際に、低い電圧(6Vという噂も?)が流れ、さすがにこの低電圧ではデジタルバラストも反応できないので、球切れと検知される可能性も残されてます。

このリービングホームの作動は暗いときしかしないのですが、確かにライトセンサーをハンカチで覆ってみた場合、警告灯が点灯しやすいようでした。

22.jpg

ということは、最終的にはコーディング変更も検討する必要がありそうです。

しかしながら、今回の調査結果としてOSRAM認定工場製のキャンセラーを使うと警告灯の発生頻度がある程度少ないことが判明しましたので、これとバラストとの組み合わせで解決できないかと、Jamixさんでも他のバラストを入手して検証を継続するそうです。

JKさん号のほうは、Canbus対応バラスト&OSRAM認定工場製キャンセラーの組み合わせで、またしばらく様子をみて頂くことにしました。

23.jpg

JKさん、大切なおクルマで色々試させて頂き、本当にありがとうございます[るんるん]

誠にもってお騒がせな話しですが、「とっても明るくて、私も嫁も気に入ってますよ。」と言って下さるJKさんには、本当に感謝です[わーい(嬉しい顔)]

何とか解決できるように、みなさまの応援よろしくお願いいたします[exclamation×2]

【追記】

昨日(11/21)、仕事に行く途中にJamixさんの事務所に立ち寄ったら、こんなパーツが入荷してました[ぴかぴか(新しい)]

27.jpg

ハイグレードタイプ薄型Canbus対応バラストだそうです。

28.jpg

こちらがキャンセラー(コンデンサー)のようです。

29.jpg

このバラストのスゴイところは、起動時の消費電流の少なさなんです。

おかけんが使っているCanbus対応バラストの場合、立ち上がりの速さと安定時までのスピードはピカイチなのですが、点灯時には6.7Aもの電流が流れ・・・

30.jpg

その後、2.9A程度に下がっていきます。

31.jpg

ところが、今回入荷したバラストの起動時の消費電流は、たった3.6Aしかないんです[exclamation×2]

32.jpg

もし、ゴルフⅥのほうで消費電流の降下を検知しているとすれば、このバラストは大いに期待できそうです[揺れるハート]

Jamixさんでは、さらに2つのタイプのバラストを取り寄せたようでして、近日中に実車での検証に入りたいとのことです。

bal13.jpg

(↑ネット上では、ゴルフⅥで警告灯が出ないとの情報も・・・) 

こちらは、HID DECODER EMCなるパーツが入力部に[exclamation×2]

e3can.jpg 

片目消灯に有効な、OSRAM認定工場製のキャンセラー大量入荷。店長さんの気合いが感じられますね[るんるん]

33.jpg 

ただ、おかけんは明日から12日間出張ですので、検証が行えません[たらーっ(汗)]。そこで、JamixのゴルフⅥ用キットをご購入頂いたお客様にテストをお願いしたところ、快く引き受けて下さったそうです[わーい(嬉しい顔)]

ゴルフⅥに有効な決定打が出ることを期待しております[exclamation×2]

【追記】

検証の結果、警告灯問題を解決したゴルフⅥ用HIDキットの発売が決定しました[ぴかぴか(新しい)]

高品質Cnlight! VW ゴルフ6用 ゴルフVI HID化キット Cnlight HID H7 キャンセラー内蔵、アダプタ付属

販売価格:18,900円(税込)

★HID豆知識★

HIDと一口に言っても、フィリップス製だの本物だの、いろいろな情報があって、何が良いのやら?ですよね。

そこで、よく“フィリップス社製石英ガラス使用”とか宣伝されているのが、中国TC社(TAI CHANG)製のバーナーのようです。

24b.jpg

(↑写真はH7)

ちなみに、おかけんがフォグで使用しているLC(Lian Cheng Lighting)のバーナーも、同じTCの工場で作られているそうです(違いは印字のロゴ)。

24.jpg

(↑写真はH11)

このTC社は確かにフィリップスのライセンスを持っている(いた?)ので、製品のほうも信頼性が高いのですが、実はそのライセンス契約が既に切れているそうです。ですので、今後も同じ品質が保てるのかは?です。また、TC社製バーナーは偽物も多く出回っているそうですので、購入の際には信頼できるショップを選びましょう。

24a.jpg

ちなみに、本物フィリップス製バーナーはコチラ。

25.jpg

キセノンガスが少し赤みを帯びているんだそうです。

26.jpg

いくら有名メーカーの本物でも、こういう電気パーツには希に不良品もあるので、何が良いかは一概に言えませんが、確かなモノを見極めたいですね。これは、経験しかなさそうですが・・・。
nice!(6)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 14

Аким

おかけんさんをもってしても、GOLFⅥのHID化は大変なんですねーっ(汗)今日も対向車の拡散HID(光軸なんて関係無い)トラックにやられましたが、トラックはライト位置が高いので眩しい思いをします。しかし、GOLFⅥHID化の試行錯誤は失礼ながら、大変参考になります。良い対策方法が見つかることに期待します!
私も来年パパになることが決定いたしましたので、GOLFⅦが難しい状況になりそうです(涙)かくなる上は最終バージョンアップとして、純正リアカメラ!2010年サイバーナビをNewアルパイン8インチに交換を決意しました‼只、GOLFⅦが厳しいだけなんですが(大泣)
by Аким (2012-11-16 00:03) 

ま。

HIDへの転換、こんなに大変なんですねぇ。お疲れ様です。
えーVWの「いじってくれるな!」という強い意志を感じます。苦笑
タマ切れ時の給電カットはウチのHIDフォグでもそれらしき症状が
出た事があって思い当たる節があるのでありうる話だと思います。
(時々右側が不調になるのです・・・。苦笑)
タマ切れセンサのキャンセルはアリだと思いますけどやっぱりディーラーで
嫌われるんでしょうかね???
by ま。 (2012-11-16 12:08) 

ザんスカーる

コンデンサ(キャパシタ)はバケツだと思ってください。
ライト消灯時は、バケツは空の状態です。
ここでライトを点灯すると、ライトに流れる電流に、空バケツに流れる電流が加わります。
HID化やLED化でライトに流れる電流が減ったとしても、空バケツに流れる分、電流が増えています。
暫くしてバケツがいっぱいになってしまうと、電流はHID(LED)に流れる分だけとなり少なくなります。
バケツにはもう電流が流れませんので、発熱もありあせん。

球切れ検出は、
 電流が流れる=電球で消費されている=切れていない
 電流が流れない(少ない)=電球で消費されない=切れている
と判断しています。

おそらく、ゴルフ5ではライト点灯開始時の最初ほんの一瞬だけ、球切れ検出を行っていると思います。
エンジン始動時にも目に見えないくらい瞬間的にライトを点灯し、球切れ検出していたと記憶します。
この瞬間はまだバケツが空に近く、バケツに流れる電流で球切れしていないと判断するのだと思います。

対してゴルフ6では、ライト点灯中周期的に(もしくは何らかの条件で)球切れ検出しているのではないでしょうか?
この時点ではバケツはもういっぱいであり、電流はHIDに流れる分だけになっています。
この電流が少ないため、球切れを検出してしまうのだと思われます。

抵抗式のキャンセラーは常時電流を流してますので途中で減ることがなく、球切れ検出されません。
その代わり、大きな発熱を伴うことになります。

まとめますと、
・キャパシタ式のキャンセラーは、点灯開始時のみの球切れ検出に対応
 常時監視、周期監視の球切れ検出は対応できない

・抵抗式のキャンセラーは、点灯開始時、常時監視、周期監視のいずれの球切れ検出にも対応
 ただし、常時電流を流すので発熱が問題となる

ゴルフ6では、キャパシタタイプのキャンセラは使えないのではないでしょうか?
バラストとキャンセラーの組合せで警告の出方が定まらないのは、球切れ検出の閾値付近の電流量だからではないでしょうか?
もう少しだけ抵抗式キャンセラーで流してやれば、検出しなくなるかも知れません。

ちなみにうちのフォルティスは周期的な検出を行ってます。
整備解説書に記載されていました。
by ザんスカーる (2012-11-17 17:21) 

おかけん

Акимさん。
いやはや、思ったよりゴルフⅥが賢いようでして、ちょっっと苦労しております。(汗)

>私も来年パパになることが決定いたしました
それは、おめでとうございます!!!
ファミリーカーとしても、ゴルフは益々大活躍しそうですね。

>純正リアカメラ!2010年サイバーナビをNewアルパイン8インチに交換
それは素晴らしい!
8インチの大画面は見やすそうですね。装着されましたら、レポートよろしくお願いいたします。(笑)
by おかけん (2012-11-18 08:52) 

おかけん

ま。さん。
ゴルフⅤのフォグでも「片目点灯」の症状もあるのですね。
もしかしたら、オートライト装着車のほうがシビアなのかもしれません。
球切れ検知のキャンセルは・・・最終手段と考えております。
何とか、解決方法が見つかるとよいのですが・・・(涙)
by おかけん (2012-11-18 08:55) 

おかけん

ザんスカーるさん。
大変詳しい解説、感謝です!!!
HID点灯時の消費電流についてですが、55Wのバラスト&バーナーの場合はハロゲンと同じアンペアが流れていると思うのですが、この場合も警告灯が点灯するので、ちょっと謎です。
おっしゃる通り、抵抗式のキャンセラーを使えば問題解決ですが、はやり発熱の問題からこちらは避けたいと思います。
Jamixさんのほうでもいろいろと調べているようでして、コンデンサー式でも警告灯が出ていない例もあるようなので、比較的電流変動の少ないバラストを仕入れてみるそうです。
Cnlightの高級バラスト&キャンセラーですと警告灯が出ないという報告もあるそうですが、こちらはバラストだけでも3万円超え(仕入れ値)だそうでして、商品として高額になるので、難しいみたいです。
もう少し、試行錯誤してみようかと思います。
by おかけん (2012-11-18 09:07) 

koichi-5

nice!ありがとうございました。しばらく更新さぼってましたが、何とかやってます。おかけんさんも、相変わらずマニアックに頑張ってますねえ。(ちゃんとROMはしておりました)これからもよろしくです。
by koichi-5 (2012-11-18 23:02) 

カーボンニュートラル

ゴルフ6のHID化ノンフィクション 興味深くみています。
作業されているおかけんさん達は大変でしょうが・・・Goodです
今回の実験を読ませて頂いて、私の妄想(6はPWM化している)は妄想でなく確信になりました(これも妄想かも)。PWMは、常時電圧なり電流をフィードバックしているからです。ただ、フィードバックはデューティー比を制御するもので、球切れ検出とどのように関わっているのか分かりません。すみませんヒントにもなりませんね。
追伸;私のBCM探しの旅は始まったばかりです
by カーボンニュートラル (2012-11-19 00:14) 

Аким

皆さん専門用語が多くて素人には??ちんぷんかんぷん(死語かも・・汗)
GOLFⅥのロービームHID化が完了した後は是非ハイビームのHID化を解説していただけるとJamixでのHID化に挑戦したいと思っております。
来年の子育てを前にして、純正リアカメラ!BigX8!HID!この計画だけは実行したいと思ってます。ところでお話は変わりますが、何方かゴルフⅤ用チャイルドシートは何処のメーカーが良いのかご存知でしょうか?気持ちは前向きなのですが・・この年で子育ては昇天ものなものですから焦っております(大汗)
場違いな質問で申し訳ありません。
by Аким (2012-11-19 23:15) 

おかけん

koichi-5さん。
イヴォーク納車、おめでとうございます!
とても買えませんが、一度乗ってみたいですね。
私のほうは、まだまだマニアックに頑張ってみたいと思います!(笑)
by おかけん (2012-11-20 19:06) 

おかけん

カーボンニュートラルさん。
いや〜ぁ、正直ゴルフ6は難しいですね。
おっしゃる通り、球切れ検知&電流(電圧)管理にPWM制御のような方式が使われてそうです。
ただ、まだいくつかの可能性が残されているので、引き続きチャレンジしていこうかと思います!
by おかけん (2012-11-20 19:17) 

おかけん

Акимさん。
私としてはハイビームのHID化はあまり必然性がないようには思っておりますが、潜在的なニーズが多かったりするのでしょうか?
そうなると・・・当ブログとしてもやってみたほうがよいのかしら・・・(汗)

チャイルドシートについてですが、せっかくゴルフに付けるならISOFIX対応モデルは必須かと思います。
個人的に、TAKATAのものは品質や安全性も高く、使いやすい印象を持っております。A社やC社のものも有名ですが、何かもテストでTAKATAの安全性が結構高かった記憶があります。ご参考までに・・・。
by おかけん (2012-11-20 19:35) 

Аким

ISOFIX対応TAKATAチャイルドシートですね!
わかりました、調べてみます。
ありがとうございます!
これで安心して「人生最後の子育て」に挑戦したいと思います(大汗)
by Аким (2012-11-20 23:32) 

おかけん

Акимさん。
本当に楽しみですね。
チャイルドシートは、どのメーカーも厳しい安全基準をクリアしているはずですから、多機能に拘らず使いやすそうなものを選ぶとよいかと思います。
by おかけん (2012-11-21 12:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0